2010年9月アーカイブ

8月の定期検診で、左目の眼圧が一気に上がっていた。

前日までよく走り、何の不調も見られなかったのに・・・

眼圧が上がった左目は痛々しく、可哀想でしかたない。

北斗のすでに見えない目を残すためには、今まで通り毎日点眼をして、

毎月眼圧を測り、その上にこれからは点滴をしなければならない。

でも点滴は内服、副作用が出ないとも限らない。

どうしよう・・・北斗はどうしてほしいのだろう・・・彼の気持ちが聞けたら

いいんだけれど、結局は飼い主が判断するしかない。

北斗は嫌がりながらも、点眼をし、病院でもおとなしくしているけれど、

ほんとはがまんしていることはわかっていた。

やんちゃで、傍若無人の振る舞いをしていても、北斗は、とてもいい子

なのです。

手術をすれば、痛みは完全になくなり、これからは右目に専念することが

できると先生は言いました。

そして、するなら暑い今、涼しくなって走りたがる季節の前にしよう。と

決心しました。

4日後 手術

手術の時間は30分程と聞いていました。

15分程で「義眼が入りました」と看護師さんが報告してくれましたが

30分を過ぎてもなかなか終了しません。

40分、50分、だんだん心配になって、待合室でうろうろ・・・

どんな様子か、よほど聞こうかと思い、手術室を覗くと、マスクを外した

先生の顔が笑顔で、心底ホッとした。

まだ麻酔の効いた北斗に会わせてもらい、麻酔が切れる前にいったん

帰宅して、2時間後に面会に行きました。

手術のあとはさらに痛々しくて、ちゃんと診られるのなら連れて帰っても

いいですと言われ、北斗を連れて帰りました。

すたすた家に入り寝室に向かう北斗でしたが、カラーが邪魔をして階段を

上がることができません。

結局1FのLDKで寝ることにしました。

今夜は北斗をしっかり診ていなくては、と思っていたのに、ついうとうとと

して、はっと目覚めたら、カラーがついていない!しまった~!

と飛び起きたら、健太だった。

そう言えば点眼しようと顔を持ち上げ、あれ?ブルーアイじゃない!と顔

を見直すと健太だったこともある。危ないなぁ・・・・・

健太の目がどちらもブラウンでよかったよ。

それから、1Fリビングでの生活が始まりました。

1日2回のお薬はフードに混ぜて、左目の点眼薬は変わりましたが、

これまでどおり2種類を5分以上あけて、一日3回、

右目は同じ薬をこれまでどおり一日1回

1週目は代休をとって休み、安静にしている北斗のそばで、

ごぞごぞと片づけをした。

おかげで、1Fと外回りがだいぶスッキリしました。

北斗の散歩は3時間おきに家の周りを一周、

健太はジョンちちが1週間、朝晩連れて行ってくれました。

北斗は小はいっぱいするのに、大が出ない状態が続きました。

先生に聞くと「いつか出ます!」とのこと(^-^; 4日目になってやっと出た(^-^)

私はリビングのソファーで寝る日々で、睡眠不足が続いていたのですが、

大吉がいつも私たちがいることがうれしいみたいで、家に居ることが多くなりました。

おかげで、いつも泥んこの大ちゃんが、ここのところきれいなのです(^0^)

夜、ふっと目が覚めて、健太・北斗・大吉を見ると、しあわせ~な気分になります。

術後2週間、まだ左目は痛々しいのですが、やっとみんなとお散歩にいけるように

なりました。

でも、もちろん走らせることができないので、リードをして歩きます。

追い越していくジョンや健太を追いかけるかな?と用心していましたが、

引っ張ることもなく、おとなしく歩きました。

術後3週間目になると眼も落ち着いてきました。

診察で、「気になることはありませんか?」と先生に聞かれ、「走れないせいか、

普段と違っておとなしい」と答えると、「じゃぁ走らせてもいいですよ」とのこと。

さっそくリードを外すと、軽快に走り出しました。ほんとに嬉しそうです・・・

そして、1ケ月後の専門医の診察では、術後の経過は順調。

右の目も異常無しでした。

1ケ月過ぎて、やっと北斗の手術のすべてが終わったような気がします。(^-^)

ずっとブログはお休みしていました。

電話をくれた赤とんぼさんやマロンのおやじさんには、北斗の回復を

祈ってもらいました。

ありがとうございます。やっとご報告できました。

ご心配おかけしましたが、北斗は元気で走っています。

写真は手術前の北斗です。ブルーアイの眼が義眼になりました。

でも愛らしさは変わりありません(^0^) どうぞこれからもよろしくね。

hokuto.jpg 

そして、季節は秋になりました。やっと涼しくなりましたね。

さぁ! お出かけしなきゃ!  みなさんはどこに行くの?