え?そうなん?!先生まじですか?!

| | コメント(4)

先日CT撮ったぎんさんである。

R0027166.JPG

 一昨日はかかりつけ病院が急におやすみになったため、昨日いってまいった。

 

そんで、あーでこーでそーでどーで前十字靱帯損傷から来る骨関節炎だそうです 手術はどうなりますか?

 

先生 ○○先生ともお話をさせていただいたんですが~、あ~・・・。手術の場合は、今ある炎症を抑えてからになります。

え?なして?

 

先生 ぎんちゃんの場合は、多分完全にきれているわけではなく、傷んでいる状況なので、炎症を起こしている状況で切開すると他の組織を痛めてしまう可能性があるのでとりあえず、炎症を抑えて、がたがたになっている軟骨部分を回復させることをまずしなければならんのですわ。。

で、でも再建手術をお勧めしますって言われましたが?

 

先生 手術するなら、炎症をおさえてからだねー。前十字が完全にきれちゃったらですがね。○○先生に確認されたんですが、ぎんちゃんは痛がって無いんですよね~。痛くて食欲がないとかいうこと一度もないでしょ?

ないです・・・。いつでも快食。

 

先生 もし前十字がきれちゃってったら食欲なんてでないし、ぎんちゃんの様に 歩くときに足を着けることができません。

R0027185.JPG

先生 踏み切って延ばしたりもできんし~

R0027173.JPG

先生 まず、四足で立たない

R0027189.JPG

先生 ぶっちゃけて言えば、靱帯切れてないから再建せんでもいいし~。ただ、消炎鎮痛剤と、軟骨形成注射で関節を固めてやればケンケンは絶対に治りますので!!ただし、治療期間中は安静です!!

え~~~~~~~~~~~~~~~(><)

 

・・・。手術やとおもって、いたのに・・・。

 

よかったのか~、わるかったのか~(==)

 

でも、ぎんさんてさぁ、避妊手術のあとも全く痛がらず走って帰った豪の者だぜぇ・・・。その日から食欲もバリバリあったし(==)

もしかして、ぎんさんって

 

鈍いんじゃ~? 

 

 

siberianhusky.gif

石川ドッグレスキューではたくさんの犬達が里親さんを待っています。

コメント(4)

う~m
よめちゃんとしては さっさと手術して 早く走れるように
という希望なのに、いつ治るともはっきりしない状態で安静にというのは もどかしいわけですよね。
お察しします。
全身麻酔心配性のワタクシとしては どこかで ほっとしておりますが、ヒトゴトではありまする・・・

うーん、早くよくなるといいですね。

手術しなくていいのなら、それに越したことはないような...
ワンコたちの回復力ってすごいもんがあったりしますしね。

きっと、ぎんさん本人はたいしたことないと思ってるのかもね...

JIRO母さんへ
そうなんですよ~!もともと大人しい子だったらそれもかんがえられたんだろうけど(うめさんみたいに)ぎんさんは活発な子なので、なんだか制限をかけていると、ぎんさんの性格まで替わりそうで・・・。というかすでに変わってるかも(==)

マルコパパさんへ
手術しないに越したことは無いのですが、すでに半年経過しているので、次の段階へって思ってのCT撮影だったので、なんだか腑に落ちないんですよ。 短気なので、すぐ結果がでないと納得できなくて・・・短気は損気駄目ですよねー。

コメントする

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
はいけい、にんげんの皆さま。 画像をクリック!